HOME>Column>オフィス移転が人気!企業の体制を整えるオフィス選びのポイント紹介

オフィス移転が人気!企業の体制を整えるオフィス選びのポイント紹介

秘書と男性

規模変更や立地変更

個人の家庭においては、家族が増えると言っても子供などが数人増える程度です。では法人の事務所はどうかですが、事業規模が大きくなればその分社員が必要になります。どんどん社員を増やせば、人数に合ったオフィスが必要になるでしょう。逆に事業縮小をして人が減れば、その時も人数に合ったところにオフィス移転する必要があります。法人が行う事業によっては、立地が事業の効率を変える時があります。より顧客に来てもらえる場所や、社員が通勤しやすい場所などです。良い立地で業務を行うためにオフィス移転を行うと良いかもしれません。一方で経営が厳しい時には経費を下げる必要があります。賃料の高いところから賃料の低い所へ移転すれば経費削減ができます。

休憩室

別のところで事業を行う

法人が業務を行うとき、何らかの方法で拠点を設ける必要があります。お金があれば不動産を購入して自社ビルを建てたりもできるでしょうが、事業は変動要素が多くいろいろな変化に対応できる賃貸を利用した方がいい時もあります。自社所有であっても賃貸であっても、今の場所が今の業務に適さないのであればその場所に居続けるのは良くありません。その時に行うのがオフィス移転になり、賃貸から賃貸への移転や、賃貸から自社所有やその逆などもあります。個人なら単に引越しをするだけになりますが、法人がオフィス移転をしようとするとただものを移動させればいいわけではありません。移転先の立地が事業を行うのに問題がないか、移転先の設備が事業を継続するのに十分かなどを検討する必要があります。

広告募集中